プロフィール

アヤとオトー

Author:アヤとオトー
娘が4歳のときに日記を書き始めました。
5歳になり6歳になり、日々成長しておりますが、日記、お絵かき、川柳、その他分類不能なものを書き続けています。
感想、分析などお寄せいただくと、親子ともども大喜びですわ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

アヤが好きな本

 

AmazonStore
by amanatu


月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子製作

日曜日の夕方、アヤがおえかきちょうを取り出して、いいことを思いついたからいっしょにやろうと誘われた。

おえかきちょうから2枚ずつ紙を取り、1枚をひと回り小さくなるようにハサミで切れと指示された。

次は、小さくした紙を、最近手に入れた、模様のあるかわいいセロテープでもう一枚に貼れ、との指示。

アヤの思いついた「いいこと」がさっぱりわからないまま言われたとおりにする。

貼り終わると、そこ(テープの内側)に自分の好きなものの絵を描け、と。

なるほど。
ここに絵を描けばテープの縁取りが額縁のようになる。

ふたりで好きなものの絵を描いてサインペンで色を塗り、さらに外側にかわいいスタンプを押した。
絵は描き終わるまでお互いに見せないまま作業した。

そして完成。


remone.jpg

大好きなプリキュアのレモネードを描きました。
サインペンでていねいに着色しました。
上のほうにはスタンプで aya と押してあります。



「面白いお絵かきを思いついたね」

と言うと、

「ちがうよ。 これは せいさく」

と言われました。

アヤの思いついた「いいこと」は、こんな製作だったのでした。


親子で一緒に製作したので、今回は特別に、お父さんの作品も発表しちゃいます。








大好きなものを描きました。







matango.jpg

大好きなもの。
マタンゴ。

上のほうにはスタンプで matango と押してあります。



これを見たときのアヤの顔が忘れられません。

「あきれて物が言えない」幼稚園児の顔を見たのは生まれて初めてでした。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

こんにちは、よく参考にしています。また遊びにきます☆

いらっしゃいませ

また遊びに来てください。
そして参考にしてください。


……


参考?

初めて書き込みます。いつも参考にしています。これからも遊びにきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohanasinote.blog104.fc2.com/tb.php/89-d6ce0396

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。